【アマゾンのブランド申請突破法】ビッグカメラでバンダイ・タカラトミー・ソニー・パナソニックを解除してみた

せどりの販売先としてアマゾンのFBAを利用している人が誰でも通る道
 
 
それがブランド制限カテゴリー制限です。
 
 
リサーチをして利益が出る商品が見つかっても、商品によってはアマゾンが出品制限をかけていて出品できません!
 
 
でもどうしても出品したい、、、
 
 
そう思って色々と調べていたら誰でも簡単にブランド制限を解除する方法を見つけました。
 
 
で、実際にやってみたら本当に解除できてしまったのでその方法を紹介します。
 
 
(同じ方法でカテゴリー制限も解除できるらしいので現在申請中です。実際に解除できたら記事に追記しますね)
→同じ方法で食品・飲料カテゴリーの出品制限も解除できました!
 

卸業者から請求書を発行してもらおう

アマゾンの出品制限を解除する方法は以下の2通りです。
 
  • メーカーから販売許可をもらう
  • 卸業者から請求書を発行してもらう
 
でもせどりをしている個人が直接メーカーと交渉して販売許可をもらうのは難しいですよね。
 
 
なので実質的には卸業者が発行してくれる請求書をアマゾンに提出するという方法しか選べません。
 
 
また請求書なら何でもいいというわけではなく、以下の条件を満たすものを様子する必要があります。
 
 
  • 申請日から180日以内
  • 出品者の名前と住所が含まれている
  • メーカーまたは卸業者の住所が含まれている
  • 合計10点以上の購入を表示
  • 価格情報を表示(任意)
  • アマゾンが申請時に通知された企業に通知し、提出書類を検証する場合があることを了承する
 
これだけでも面倒ですがさらに困ったことに、上記の条件を満たしていても受け付けてもらえない場合もあります。
 
 
これまでにアマゾンに申請してきた方の情報提供によると、あまりにも小さい卸売業者やネット卸売業者の請求書は認めてもらえないことが多いようです。
 
 
ということで、アマゾンの出品制限を解除するためには、
 
 
1、個人にも請求書を発行してくれる業者
2、アマゾンが認めてくれる規模・実績のある業者
 
 
この2つの条件に当てはまる卸売業者を探す必要があります。
 
 

ビッグカメラオンラインで解除したいブランドの商品を10個買う

 
アマゾンの出品制限を解除する方法は卸売業者から請求書を発行してもらうことでした。
 
 
なのでビッグカメラのような小売業者では受け付けてもらえない気がしますよね。
 
 
でもなぜか現時点(2020年5月)ではビッグカメラでブランド制限を解除できてしまいます。
 
 
僕はビッグカメラオンラインで商品を購入して以下のブランド制限を解除しました。
 
 
  • バンダイ
  • ソニー
  • パナソニック
  • タカラトミー
 
何も特別なことはなく、ビッグカメラのネットショップで解除したいブランドの商品を10個注文するだけです。
 
 
単価は関係ないのでなるべく安い商品がいいですよね。
 
 
僕が実際に申請に使った商品を載せておきます(↓)
 
 
BANDAI
 
SONY
 
 
 
PANASONIC
 
 
TAKARA TOMY
 
 
 
上記のような数百円のものを10個買うだけなので出費は数千円で済みます。
 
 
このくらいの出費で出品制限が解除されるなら安いですよね。
 
 
出品制限が解除されたらフリマアプリなどで売ってしまうのがおすすめですよ。
 
(アマゾンで売っても利益が出ないのでフリマアプリでサクッと損切りしてしまいましょう)
 
 

ビッグカメラオンラインのウェブサイトから請求書を発行する

商品を10個買ったら以下のページから請求書の発行依頼をします。(無料です)
 
 
 
 
注文番号や氏名を入力しますが、一点だけポイントがあります。
 
 
それは宛名を「アマゾンに出品している店舗名+氏名」にしておく点です。
 
 
このように書かなくても出品制限は解除されますが、やっておいた方がより確実だと思います。(僕は店舗名も書いておきました)
 
 

アマゾン出品制限の解除申請を行う

アマゾンの出品制限を解除する手順は以下の記事で具体的に解説したので参考にしてください。
 
 
 
 
ざっくり言ってしまうと、ビッグカメラで購入した商品と発行した請求書さえ用意しておけばアマゾンの出品制限は解除できます。
 
 
申請自体は3分で終わるくらい超単純ですよ(笑)
 
 
周登
ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA